初心者でも失敗しない!簡単でおいしいコーヒーのいれ方

カフェで毎回コーヒーを買うのは高いから家でもおいしく飲めないかなぁ、と悩んでいませんか?

この記事では、初心者でも簡単においしくコーヒーをいれる方法を教えていきます!

おうちコーヒーに挑戦したい方はぜひ参考にしてください。

いれ方に悩まない!はじめて向けの簡単なコーヒー器具3選

コーヒーを淹れている男性

はじめてコーヒーをいれる方でも簡単においしくできるいれ方は3つ。

  1. ペーパードリップ
  2. フレンチプレス
  3. デロンギ全自動マシン

ペーパードリップは一番手軽にはじめられる方法です。

器具は100均でも売っているので、お試しでコーヒーをいれたい人にピッタリ。

器具の手入れが簡単なのもポイントが高いですよ。

フレンチプレスは、時間がない人におすすめ。

コーヒー粉とお湯を注いだら出来上がりを待つだけなので、簡単で大きな味のばらつきもありません。

道具がフレンチプレス1つで、3,000円くらいで帰るのも嬉しいですね。

カフェラテやカプチーノなど、エスプレッソドリンクを飲みたい方は、デロンギ全自動マシンがイチオシ。

価格が高いのが難点ですが、テクニックが必要なエスプレッソをボタン1つでおいしく抽出できます。

おすすめの器具別!簡単でおいしいコーヒーのいれ方

ここからは、コーヒーのいれ方を器具別に、簡単に紹介します。

使い方もふまえて、自分に合ったものを選んでくださいね。

ペーパードリップの簡単なコーヒーのいれ方

まずはペーパードリップでコーヒーを淹れる方法の紹介です。

おいしくいれるために必要な道具は

・ドリッパー

・サーバー

・ペーパーフィルター

・熱湯

・コーヒー豆(120ccに対して10g)

をそろえておきましょう。

コーヒー豆は、中挽きで挽いたものを用意します。

豆を買うときにペーパードリップ用と伝えれば、ちょうどいい粗さで挽いてもらえますよ。

ペーパードリップでコーヒーを淹れる手順は以下の通りです。

1.フィルターをドリッパーにセットする

ペーパーフィルターをドリッパーにはめます。

フィルターのくっついている部分を折り曲げてセットすることでドリッパーにぴったりと密着させることができますよ。

2.コーヒーをドリッパーにいれる

コーヒーをはかり、ドリッパーにいれます。

コーヒー1杯をいれる場合は120ccのお湯に10gのコーヒー粉を入れましょう。

コーヒーを入れたら、粉が平らになるようにドリッパーを軽く振ってならすのがコツです。

3.タイマーをセットし、コーヒーにお湯を注いで膨らませる

タイマーを3分にセットします。

タイマーをスタートしたらドリッパーに90℃のお湯を注ぎます。

このときは、ドリッパーの中心から円を描くように少量のお湯をかけていきましょう。

だんだん表面に泡がみえ、滑らかにみえたらしっかりとお湯が浸透した合図です。

この工程では出来るだけ少量のお湯をコーヒーにしみ込ませ、コーヒーが膨らんでくるように注いでいくとおいしくいれることが出来ます。

4.コーヒーを蒸らす

コーヒーが膨らんできたら、20秒ほど蒸らしましょう。

だんだんと泡が消え、コーヒーにぽつぽつと穴があいてきます。

5.お湯を再度注ぐ

お湯をもう一度、円を描くようにして注いでいきます。

表面に泡が出てくるので、泡が広がらなくなったら注ぐのをやめ、抽出されるのを待ちます。

中心部がくぼんできたらお湯を注ぎたし、必要な分量を入れきるまでこの動作を繰り返します。

最初にセットしたタイマーを見ながら、3分程度で抽出が終わるように注ぐ速度を調整しましょう。

6.サーバーからコーヒーカップにコーヒーを注ぐ

必要な分量の抽出が終わったら、サーバーからコーヒーカップに出来上がったコーヒーを注ぎましょう。

フレンチプレスの簡単なコーヒーのいれ方

次にフレンチプレスのコーヒーのいれ方を知りましょう。

淹れるのに必要なものは、

・コーヒープレス

・コーヒー豆(350mlに対し16g、 500mlに対し24g)

・熱湯

・タイマー

コーヒー豆は、少し粗めに挽くのがポイントです。

挽きが細すぎると雑味が出てきてしまいます。

淹れる手順は以下のとおりです。

1.フレンチプレスとコーヒーカップにお湯を通し温めます。

2.コーヒー豆をフレンチプレスに入れます。

3.タイマーを4分にセットし、プレスの1/3くらいの量までお湯を注ぎます。

コーヒーが蒸らされて膨らんでくるまで30秒ほど待ちましょう。

4.お湯をプレスの縁から1.5 cmくらい下まで注ぎます。

蓋をしてタイマーが鳴るまで待ちます。

5.プレスの蓋をゆっくり押し下げましょう。

カップにコーヒーを注ぎ、完成です。

カップにコーヒーを注ぐときは、コーヒーの粉が入らないように、少しフレンチプレスに液体を残すのがコツです。

特に注意するべき点が少ないので、簡単にコーヒーを入れられます。

デロンギ全自動マシンの簡単なコーヒーのいれ方

デロンギ全自動マシンはその名の通り、すべて自動。

用意するものは

・コーヒー豆(一杯あたり6g〜11gで調整可能)

・水

だけです。コーヒー豆は豆のままでも挽いたものでも使えます。

長期保存ができるのは豆の状態なので、豆のまま買ってくるのがおすすめです。

挽いたものを使う場合は、極細挽きにしましょう。

また、エスプレッソ用の豆は深煎りのものを使用します。

豆の計量からお湯の温めまですべて自動なので、準備ができたらボタン1つでコーヒーが抽出できます。

簡単ないれ方でコーヒーをもっと楽しもう!

この記事では、初心者でもできる簡単なコーヒー器具といれ方を紹介しました。

優雅にコーヒーを楽しめば、いつものおうち時間がもっと楽しくなりますよ。

手頃な値段で手に入る器具もあるので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

photo credit: cafemama drip drip drip at cafe velo, wednesday farmer’s market via photopin (license)