マキネッタで濃厚なコーヒーを!特徴やおいしい淹れ方を徹底解説

2019-06-11

簡易式エスプレッソともいわれ、濃厚なコーヒーを家庭で抽出できるマキネッタ。

そのままでもミルクで割ってもおいしいコーヒーが手軽に飲めるので、家にあると便利ですよ。

この記事ではマキネッタの魅力と、モカコーヒーの淹れ方を紹介していきます。

マキネッタとは?特徴は?

モカエキスプレス

まずはマキネッタとはどのような器具なのか、特徴を把握しましょう。

マキネッタで淹れたコーヒーの味の特徴も説明していきます。

マキネッタってどんな器具?

マキネッタとは小型の簡易エスプレッソ抽出器具。

直火で器具をあたため、水蒸気圧を利用することでコーヒーを抽出することができ、エスプレッソに近い濃厚なコーヒーを手軽に飲むことができます。

イタリアのほとんどの家庭にあり、一般的に親しまれています。

ビアレッティ社のマキネッタが特に有名で、その商品名をとってモカエキスプレスと呼ばれることも。

マキネッタで淹れたコーヒーは「モカコーヒー」と言われています。

マキネッタのコーヒーは濃厚な味わい

マキネッタで淹れたモカコーヒーは、ドリップコーヒーに比べて濃厚な味わい。

コクを感じることもできます。

エスプレッソマシンで淹れたコーヒーに比べると、クレマと呼ばれる泡の部分がほとんどないのが特徴です。

エスプレッソほどではありませんが、味が濃縮されているのでそのまま飲むだけではなく、ラテにしても楽しむことができますよ。

マキネッタの器具が買える場所は?選び方やおすすめのメーカーは?

マキネッタの器具が買える、コーヒー専門店や通信販売。

一部バラエティショップにも取り扱いがあります。

人気があるのは本場イタリアのブランド、ビアレッティ

約4000円ほどで購入することができますよ。

また、購入するときに注意したいのが材質。

アルミとステンレス製のものがあります。

一般的にアルミの方が風味が強くおいしく抽出できると言われています。

ただし、さびに弱いので洗ったらすぐに水気を拭き取る必要があり手入れが大変。

また、IHで抽出することができません。

一方、ステンレスはさびや汚れに強いのが特徴です。

IH対応しているものもあるので、生活スタイルにあわせて選びましょう。

マキネッタでおいしいコーヒーを淹れる方法

マキネッタを使ってみたいけれどもなんだか難しそう、と尻込みしてしまう方もいるかもしれません。

実は、コツがいるエスプレッソマシンに比べて、マキネッタはだれでも安定した味のコーヒーを淹れられるんですよ。

ここでは、マキネッタの使い方を説明していきます。

マキネッタのパーツと抽出の仕組み

まずは、マキネッタの仕組みを簡単に紹介します。

マキネッタは3つのパーツにわかれています。

  • ボイラー
  • バスケット
  • サーバー

ボイラーは水を入れるパーツ、バスケットは粉をいれておくところ。

そして、抽出されたコーヒーが溜まるのがサーバー。

ボイラーを直火であたためていくと、蒸気圧によって内部の水が押し下げられ、バスケットを通過。

バスケットで抽出されたコーヒーがサーバーに溜まってきます。

大体5分ほどで抽出が完了しますよ。

マキネッタのコーヒーの淹れ方

次にマキネッタのコーヒーの淹れ方を知りましょう。

まずは水をはかってボイラーに入れます。

目安線がある場合は、線の高さまで入れればOK。

なければ、安全弁の下まで入れましょう。

次にコーヒー豆をバスケットにすり切りいっぱい入れます。

エスプレッソマシンのように、押し込んではいけません。

コーヒー豆は細挽きが最適。

ただし、エスプレッソマシン用の極細挽きを使用するとえぐみがでるので、専用に挽いた方がよいです。

濃さを変えたい場合は、水の量で調整できますよ。

水とコーヒー豆をセットできたら、パーツをくっつけて直火で加熱。

マキネッタからこぽこぽという音がしてきたら完成です。

マキネッタでコーヒーを淹れたあとの手入れの仕方

マキネッタでコーヒーを淹れたあとは、パーツを分解して洗浄します。

水洗いだけで、洗剤は使用しません。

これにより、コーヒーの油分や香りが馴染んできてよりおいしく抽出できるようになります。

洗浄したあとは、すぐに水気を拭き取りましょう。

特にアルミ製の物を使っている場合は、放っておくと白い粉のようなさびが出てきてしまいます。

また、使い始めは金属の味が出てしまうので、数回水だけで湧かし、金属臭を抜いてから使い始めましょう。

マキネッタで家庭で手軽に濃厚なコーヒーを飲もう

カフェのエスプレッソドリンクが大好きで、家でも濃いコーヒーが飲みたい方には、マキネッタがおすすめ。

カフェにはエスプレッソマシンがおいてあるところが多いので、あまりお目にかかれないかもしれません。

まさに手軽さを追求した家庭向けの器具ですね。

見た目もかわいく、おいしいコーヒーを入れられるマキネッタで優雅なおうちカフェを楽しんでみてはいかがでしょうか。

photo credit: boodoo l’Omino coi baffi via photopin (license)