気になるコーヒー飲み過ぎの目安とカフェイン中毒

健康効果を得るためにコーヒーを多く飲む人もいますが、実は一日の摂取の目安量があります。

それ以上飲んでしまうと逆に健康を害するデメリットを被ってしまいます。

コーヒー自体の健康効果は論文で認められていますが、どれくらい飲んだらメリットだけを得ること出来るのでしょうか?

また、飲み過ぎによって起こるカフェイン中毒の症状に関してわかりやすく解説します。

成人でコーヒーの飲み過ぎはブラックコーヒー5杯以上

コーヒーが変に見えてくる

コーヒーの飲み過ぎによって健康のデメリットを被ってしまう目安量はコーヒーカップ5杯以上になります。

1カップが180ccのコーヒーカップの場合のブラックコーヒーの数値です。

これ以上飲んでしまうと、コーヒーに含まれている一日のカフェインの摂取目安を超えてしまうので摂取を控えるのが無難になります。

人間のカフェインは血液中入り、様々な体の機能の変化を引き起こします。

ですが、摂取をしすぎると体に負担がかかる物質のため、適度な摂取量を守ることが大切な物質です。

成人の場合、カフェインの摂取目安量は400mg、ブラックコーヒーでコーヒーカップ一杯分には約80mg含まれているため5杯分になります。

あくまでブラックコーヒーの目安量の貯め、エスプレッソといった抽出が深い場合は4杯ほどで控えることが大切です。

子供の場合は90mgが一日の摂取量の目安のため、一緒に飲む場合は適量を考えて飲むことが大切です。

あくまでこの数値は目安なので、成人でもカフェインに敏感な方もいます。

楽しく飲むことを前提に考え、無理に飲むことは控えることが大切です。

コーヒーを沢山飲むことによるメリット・デメリット

コーヒーを飲むことは大きなメリットもあります。

そのメリットをあげると健康面や美容面で大きな恩恵があります。

健康面で具体的には、心疾患のリスク減少、覚醒効果、集中力増強、偏頭痛解消の効果があります。

のメリットをあげると健康面や美容面で大きな恩恵があります。

健康面で具体的には、心疾患のリスク減少、覚醒効果、集中力増強、偏頭痛解消の効果があります。

美容面ではポリフェノールを豊富に摂取するため、シミ・ソバカスと言った紫外線のダメージの予防、むくみ解消、中性脂肪を燃焼させる効果があるためダイエット効果があります。

コーヒーの健康や美容効果をもたらすのは、カフェイン、クロロゲン酸(コーヒーポリフェノール)です。

適量を摂取することで、体の内部の過剰な水分量の調整効果や交感神経の活性化、肝臓の働きを良くする効果、抗酸化作用もあるため、健康問題と共に美容の悩みも解消してくれます。

コーヒーをたくさん飲むと出てくるデメリットのほとんどはカフェインによる健康の害です。

カフェインは、その人間の人体において適量の摂取ができれば、体に害を引き起こすことはありません。

ですが、カフェインが過剰に人体にある場合は、体を害する毒になります。

カフェインの過剰摂取によるデメリットは、交感神経が過剰に活性化されることによっておこるのが特徴です。

具体的には、胃酸過多や睡眠の質の低下、偏頭痛の悪化、イライラといった症状が起こります。

コーヒーの適量摂取を心がければこのような症状は出ないため、一日飲む量を守ることが大切なのです。

カフェイン依存症とは?

一日の適量のコーヒーを飲む以上に摂取をしてしまうと、発生するのがカフェイン依存症です。

カフェイン依存症は、人間の体内の代謝スピードが間に合わないと発生する急性症状になります。

カフェインが血中濃度で想定以上の数値よりも高い場合は、吐き気、下痢、嘔吐、めまい、呼吸の乱れ、震えが発生するようになります。

これは、吐き気、下痢、嘔吐に関しては、体内にある過剰なカフェインを体外に追い出そうとする体の作用です。

交感神経が過剰に活性化されているので、目の周辺の毛細血管に酸素が不足することで、めまいが発生し、横隔膜が正常な機能を失うと呼吸の乱れになります。

また、震えに関しては、末端組織の交感神経が過剰に活性化しているので、起こる症状です。

これらの症状が起こってしまったら、まずは、水を飲んで血液中のカフェインの濃度を避ける処置を取ることが大切です。

そして、横になって安静にして、急性症状が治まるまで待ちます。

カフェインは水を体外に排出する力が強いため、カフェイン中毒になっている場合は血液がドロドロにもなっています。

そのため喉の乾きを感じる以前の段階でも水分を速やかに摂取すべきです。

また、飲んだコーヒーの量以上の水分を体外に出してしまうので、中毒になってしまった場合は同量の量以上の水分を摂取が大切です。

また、震えがある場合は毛細血管の幅が異常なほど狭くなっているので、血流が異常に悪くなっています。

そのため、毛布をかけて体を温めるのも効果的です。手足の血色が良くなり、温かくなるまで、安静にするのがポイントです。

カフェイン中毒を防ぐには、コーヒー以外のカフェインが入っている飲み物も飲んでいる場合、一日の目安量よりも少ない摂取量で済ますことや、カフェインレスコーヒーを取り入れる工夫がとても大切になります。

photo credit: ‹ Wim › Illusion via photopin (license)