コーヒーの眠気覚ましに関する効果と有効的な摂取の方法とは?

多くの人がリフレッシュと眠気覚ましでコーヒーを愛飲している人が多いです。

しかし、その眠気覚ましの効果が何に起因しているか、知っておくと理由とよりその大きなメリットを得ることができます。

美味しいコーヒーもタイミングを間違ってしまうと、健康を害し、眠気覚まし効果が半減以下になってしまうこともあるのです。

今回は、そんな眠気覚ましのメカニズムとより効果的な飲み方に関して紹介します。

カフェインに眠気覚ましの効果がある理由

眠気覚ましのコーヒー

カフェインが眠気覚ましの効果がある理由は、人間の血液脳関門を通過して脳内の大脳皮質を刺激します。

人間の興奮作用に関わる交感神経系を刺激することで、人間の体の活動を活性化させるのが大きな特徴です。

交感神経系の役割は、人間の心臓の心拍数をあげ、血管の幅を狭くし血液循環を良くする作用や胃酸の分泌と行った作用を持ちます。

覚醒に関わるのは、人間の血液循環がより活性化されることで、大脳皮質における感覚刺激がより鋭敏になることが関係しています。

コーヒーの眠気覚ましの効果は30分の休憩と同じ

コーヒーを飲むと目が冴えるということは、周知の事実ですが、では具体的にどれくらい効果があるのでしょうか?

学術研究によると、車の長時間での運転後、15分のうたた寝及び休憩とカフェイン150~200 mg含有のコーヒー一杯を飲んだ場合、同じぐらいの運転技術の正確性と技術面でのミスが無くなった。

また、夜勤で、1日あたりカフェイン220 mg(およそコーヒー3杯に相当)を普段から飲んでいる人では、3倍のミスしなくなったという、結果も報告されています。

このことから、コーヒーは非常に優れた眠気覚ましと同時に、本来の脳の働きを良くして、人間の活動のパフォーマンスを良くする効果があるという事が立証されています。

おすすめの飲み方は、コーヒーは飲んでから血中にカフェインが吸収され、脳に効果が出るまでの時間を逆算して飲むことです。

自分がベストの状態で、仕事や能力を発揮したい時間帯の1時間前に飲めば、集中してより良いパフォーマンスを出すことだって可能なのです。

ブドウ糖と摂取を同時に行うと眠気覚ましに効果的!!

最近の研究では、カフェインとブドウ糖を同時に摂取することが、眠気覚ましには効果的であるという研究報告がなされています。

眠気覚ましにはブラックコーヒーがいいと思っている方も多くいますが、これは大きな誤解です。

その理由に、ブドウ糖が大きな脳に対して必要な栄養分として。相乗効果を持っているからです。

ブドウ糖の役割は、脳内活動に不可欠な唯一のエネルギーです。

人間は炭水化物やタンパク質、脂肪と言った様々な栄養分を摂取していますが、脳が活動で使用できるのはブドウ糖のみになります。

脳の覚醒を促すカフェインを摂取し、その脳のエネルギー源になる、ブドウ糖を摂取することは非常に理にかなっているわけです。

糖分なしで眠気覚ましとして飲むよりも、砂糖を追加して飲むことは非常に眠気覚ましとしては適切な方法になります。

注意点は、ガムシロップではなくて、砂糖やグラニュー糖と言った糖分を摂取することがおすすめです。

ガムシロップは砂糖分に水を入れて、アラビアガムを配合した物になり、通常の糖分とは異なるためあまりおすすめしません。

急激な血糖値の上昇が気になる場合は、黒糖やハチミツなら、糖分だけではなくてミネラルも摂取可能で健康維持にも役立ちます。

コーヒーは眠気覚ましであって疲れは完全に消せない

コーヒーは非常に優秀な眠気覚ましです。ですが、飲むことで、眠気を一時的に消すことは出来るものの、睡眠と本来取ることで解消できる疲れまでは消すことができません。

履き違えてはいけないのは、飲むことで疲労が消えてしまうと勘違いして飲みすぎてしまうことです。

体内時計を調整したいなら、本来起きているべき時間まで覚醒を伸ばす、その後睡眠を取るという形で睡眠を取るようにすれば、時差ボケや少しずれた体内時計を改善することができます。

特に、国際線での旅行が多く、時差ボケを早く直したい人、日照不足時期すっきり覚醒できない人には特におすすめです。

起きたい時間に合わせてコーヒーを飲むことはこうしたトラブルを解消することができます。

まとめ

コーヒーには覚醒効果があり、その効果を担っているのがカフェインです。カフェインは血液脳関門を通過し、人間の大脳皮質に作用して体の活動を活発にさせる交感神経の働きを良くします。

この効果は、30分の休憩と同じ効果を持っていると研究結果で立証されています。更に効果を良くするには、脳の活動を担うブドウ糖との同時摂取も有効です。

注意点は、カフェインを摂取すると疲れが一時的に感じにくくなるだけで、疲れは消えないという点です。

取るべき疲労は睡眠とバランスを取ることを忘れないようにすることが大切です。

参考文献:東京福祉大学・大学院紀要 第7巻 第1号(Bulletin of Tokyo University and Graduate School of Social Welfare)  pp5-17 (2016, 10)

photo credit: : : w i n t e r t w i n e d : : African Coffee via photopin (license)