おうちでコーヒーをブレンドしてみよう!手順やおすすめのブレンド比率を紹介

2019-06-07

コーヒー屋さんでいつも豆を買っているけれども、自分でオリジナルブレンドを作ってみたい!と思いませんか?

自分でブレンドすることで好みの味わいに調整できたり、気分によって味を変えられるので、また一段階深くコーヒーを楽しむことができますよ。

この記事では、自宅でコーヒーをブレンドする方法や、配合のポイントを解説していきます。

ぜひ、自分好みのブレンドを作ってみてください。

コーヒーブレンド2つの方法

コーヒー豆をブレンド中

ブレンドのコーヒーを作るには、

  • プレミックス
  • アフターミックス

という2つの方法があります。

プレミックスは、生豆の状態で豆を混ぜて、まとめて焙煎する方法です。

数種類混ぜる場合でも手間が少ないのがメリット。

一方で、混ぜる豆の状態の違いにより、煎りムラができやすいのがデメリットです。

アフターミックスは、焙煎状態の豆を混ぜる方法です。

焙煎度合いの異なる豆を混ぜられるので、自由度が高く、より深みのある味わいになると言われています。

ただし、生豆の場合すべての豆を別々に煎る必要があり、焙煎した豆をあらかじめ用意する場合在庫が多くなるのがデメリット。

おうちでブレンドする場合には、生豆ならばプレミックス、アフターミックスならば焙煎済みのものを買ってくるのが現実的です。

コーヒーブレンド、生豆から作る手順

次に、コーヒーブレンドを作る方法を説明します。

アフターミックスは、豆の重量を測り、好みの比率で混ぜ合わせるだけなので、今回は生豆からプレミックスして焙煎する方法を紹介します。

<必要な道具>

・手網

・はかり

(手順1)好みの豆を適当な比率で量り取り、手網に入れ混ぜます。カビの生えていたり、割れている豆を手で取り除きます。

(手順2)手網を強火にかけます。焙煎の過程でコーヒーの皮が飛び散るので、周りを保護しておきましょう。

(手順3)香ばしい香りがして、パチパチと豆がはじける音がします。更に焙煎していくともう一度、はじける音が聞こえてきます。

2度めの音が出てきたら完成の合図です。あとは、個人の好みで炒り加減を調整しましょう。

冷ませば完成です。

出来たてもすぐ挽いて飲めますが、2日くらい置くと、味が落ち着いてきますよ。

コーヒーブレンド配合のポイントは?おすすめの比率は?

それでは、肝心のコーヒーブレンドの配合比について説明していきます。

(ポイント1) ブレンドするコーヒー豆の数

コーヒーは3種類程度を混ぜ合わせるのがよいといわれています。

種類が多すぎても味が喧嘩してしまうので、大量に混ぜるのはやめましょう。

また、混ぜ合わせる豆の焙煎度合いは揃えておくほうが味にまとまりが出ます。

アフターミックスでブレンドを作る場合は、浅煎りと深煎りなど焙煎度合いに差がある組み合わせは避けて、バランスを取りましょう。

(ポイント2)ベースとなるコーヒーの決め方

最初に決めるのは、ベースとなるコーヒーです。

最低でもベースの豆は3割配合、個性を際立てたい場合は5割程度配合するのがおすすめ。

ブレンドのベースとして人気があるのはブラジルやコロンビアです。

ブラジルは、ナッツ系や麦芽のような香ばしい香りがあり、中性的なバランスのとれた味なのでベースに向いています。

また、コロンビアはコクがあり、特徴的な舌触り。甘みと酸味も感じる味で、こちらもベースとして人気があります。

(ポイント3)コーヒー全体のバランスを考えて他の種類を選ぶ

ベースとするコーヒーを選んだら、全体の仕上がりをイメージして他の豆を選んでいきましょう。

全体の味わいを軽くしたい場合は、混ぜる種類を軽めのもの、どっしりとした味わいにしたい場合には、コクの強いものを選びましょう。

代表的なコーヒーの特徴を簡単にまとめたので、仕上がりのイメージに近い種類を選んでみてください。

また、焙煎度合いのやや異なる、同じ種類のコーヒーを混ぜあわせても風味の異なるコーヒーを生み出すことができます。

酸味を感じるメキシコ、グアテマラ、クリスタルマウンテン、コスタリカ、ベネズエラ、ハワイ・コナ、モカ、ケニア
甘みを感じるグアテマラ、コロンビア、ハワイ・コナ、モカ、キリマンジャロ、ケニア
コクがあるコロンビア、モカ、キリマンジャロ、マンデリン
苦味があるクリスタルマウンテン、ベネズエラ、マンデリン

好みの組み合わせが見つかったら、豆をブレンドしてから挽き、コーヒーを抽出しましょう。

人気のあるバランスのとれたブレンドだと

コロンビア:ブラジル:モカ=4:3:3をすすめる人が多いです。

ブレンドに悩んだらまずここからスタートして、一部を変えていくとよいかもしれませんね。

人により、黄金比と呼ぶ最適な組み合わせがあるようです。

3種類で作られたブレンドを黄金比という人や、

コロンビア:ブラジル:モカ:マンデリン=4:3:2:1をそう呼ぶ人もいます。

ぜひ色々ためしてみて、お好みの1杯を探してみてくださいね。

photo credit: John Beans Coffee, Coffee Beans, Beans – Credit to https://myfriendscoffee.com/ via photopin (license)