コーヒー豆の最適な保存方法は?劣化を防いでいつでも美味しく飲めるコツ

せっかく買ったコーヒー豆、最後まで美味しく飲みたいですよね。

残念ながら、保存している間にコーヒー豆はどんどん劣化してしまいます。

しかし、保存方法を工夫することで、劣化を防ぐことができるんですよ。

この記事では、コーヒー豆が劣化する理由と、劣化による味の変化、そしておいしくコーヒー豆を保存する方法を解説していきます。

コーヒー豆の保存中に劣化する4つのポイント

キャニスター

まず最初に知るべき、コーヒー豆の天敵。

コーヒー豆が劣化する原因は4つあります。

  1. 湿度
  2. 温度
  3. 空気
  4. 直射日光

これらを防ぐことが美味しいコーヒーを守るコツです。

それぞれ説明していきます。

温度

コーヒー豆の一番の天敵は湿度。

実は、コーヒー豆の中には目に見えない穴が沢山開いていて、においと湿度を吸収しやすい構造になっているのです。

湿度の高い場所においておくと、あっという間に湿気を吸い劣化してしまいます。

特に、焙煎したての豆は給水しやすい状態なので、特に気をつけましょう。

温度

コーヒー豆は、一般的な野菜や果物と同じように、暑いところが苦手です。

温かい環境にあればあるほど化学変化が進み、味が落ちていきます。

焙煎している豆は一見劣化が進まなそうに見えますが、温度に弱いので低温で保存しましょう。

温度が10度上がると賞味期限は半分になるともいわれています。

空気

コーヒー豆には、植物性のオイルがたくさん含まれています。

豆の表面に光沢があるのはこのオイルのおかげ。

油は、空気に触れることで酸化が進んでしまいます。

直射日光

日光に含まれる紫外線は、コーヒーの味だけではなく、色や風味にも悪影響を与える劣化の原因。

蛍光灯の明かりなどにも弱いので、極力暗いところで保存するのがオススメです。

コーヒー豆が酸化するとどうなる?酸化のサインは?

コーヒーが酸化、劣化するとどうなってしまうのでしょうか?

まず、コーヒーの味が著しく落ちます。人によっては不快感を覚える人も。

飲んだあとに喉がなんとなくイガイガしてしまい、後味がずっと残っている場合は酸化している可能性が高いです。

フレッシュなコーヒーは、元の味に苦味と酸味があっても飲んでしばらくすると、舌から味が消えていきます。

人によってはコーヒーの油の酸化により、お腹の調子が悪くなる人もいます。

コーヒーを飲んだあとにお腹が痛くなったり、気分が悪くなった場合は、酸化しているかもしれません。

それでは、コーヒーを入れている時に、酸化に気づく方法をお教えします。

酸化しているコーヒーを見分けるポイントは、淹れた時の見た目と香り。

コーヒーをドリップした時に、新鮮ならば一部が泡で盛り上がります。

膨らまないコーヒーは酸化が進んでいるので飲まないほうが無難でしょう。

また、コーヒーの保存袋を開封した時に、しっかり香りが残っていればまだ新鮮な証。

香りがしなくなってきていたら、酸化している可能性が高いです。

おいしくコーヒー豆を保存する方法は?

それでは美味しくコーヒー豆を保存する方法をご説明していきます。

コーヒー豆を酸化から守るためには、先ほど説明した4つの天敵から守る必要があります。

ベストな保存方法は、密閉した保存瓶に入れて日の当たらない冷暗所に保存すること。

おすすめの容器と保管場所をさらに詳しく解説します。

コーヒー豆のおすすめの保存容器はビンかアルミパック

まず、湿気と空気から守るために密閉した容器に保存しましょう。

空気を通さない保存瓶やアルミパックに入れるのがおすすめです。

ペットボトルやジップロックなどの容器に入れる方もいますが、ペットボトルなどはわずかに空気を通す性質を持っているので、ビンやアルミの方がベター。

短期間で飲み切る場合にはそれほど神経質になる必要はありませんが、ゆっくりコーヒー豆を使用する場合には、容器にもこだわりましょう。

コーヒー豆は冷暗所で保存!冷蔵庫より冷凍庫がおすすめ

コーヒー豆の天敵、光と温度から守るために、冷暗所に保存しましょう。

蛍光灯の光も酸化の原因になるので、できれば影になっていて、光が当たらない戸棚などがおすすめです。

涼しい場所として冷蔵庫や冷凍庫で保存する方もいます。

冷蔵庫の場合、食材のにおいを吸ってしまう可能性があるので、においのうつらないアルミパックでの保存がおすすめです。

また、冷凍庫のほうがにおいがうつりにくいので、どちらかというと冷凍庫がよいでしょう。

冷蔵庫や冷凍庫は長期保存したい場合に便利です。

短期の場合は、温度差によって湿気が発生したり、においを吸着する可能性があるので、常温で保管しておきましょう。

photo credit: marcoverch Glasbehälter mit Haferflocken, Mehl und Zucker via photopin (license)