コーヒーに砂糖を入れてもOK!効果的な摂取の仕方と代替品も紹介!

2019-03-30

コーヒーは飲みたいけれども苦いのは苦手だから砂糖を入れたい、でもお砂糖を入れたら健康に悪いのかなと悩んでいる方。

実はコーヒーに適量の砂糖を入れることで、集中力が上がる効果などが期待できるんですよ。

この記事では、 コーヒーに砂糖を入れることによる効果や、砂糖を入れ始めた起源、砂糖以外のおすすめの代替品について解説していきます。

甘いコーヒーが好きな方は必見です。

sugar

コーヒーに砂糖を入れる効果は?メリットとデメリットまとめ

コーヒーに砂糖を入れるとどんな効果があるのでしょうか。メリットデメリットをそれぞれまとめてみました。

コーヒーに砂糖を入れるメリット

コーヒーに砂糖を入れると、 疲労解消や集中力アップの効果があると言われています。

これは頭がエネルギー源となって脳に届くから。

仕事中などの疲れた時にリフレッシュのために飲むコーヒー。

コーヒー自体にも集中力を高める効果がありますが、砂糖を入れることでより集中力を高めることができますよ。

リフレッシュをしたあともう一度集中して頑張りたいという時に砂糖入りがおすすめです。

疲れてきて頭がぼーっとしてきた時は特に、糖分入りのコーヒーを飲むのはお勧めです。

コーヒーに砂糖を入れるデメリット

コーヒーに入れる砂糖の量が適量ならば問題ありませんが入れすぎには注意が必要です。

まず砂糖を入れすぎると、カロリーが高くなります。

気づけば砂糖の摂りすぎでカロリーオーバー肥満の原因になることもありますよ。

食事に気を遣っていても意外と飲み物からカロリーを摂取してることもあるので注意が必要ですね。

また頭を取りすぎることで眠気を誘発することがあります。

睡魔に襲われてきたからカフェインの入っているコーヒーで目を覚まそうと思っている人は、砂糖を撮ることで逆効果になることも。

砂糖を使う時には量に気を配って、糖分の摂り過ぎに気をつけましょう。

コーヒーに砂糖を初めていれたのはカイロ

ところで、コーヒーに砂糖を入れる習慣はいつから始まったのでしょうか。

実はコーヒーに最初に砂糖を入れ始めたのは17世紀のカイロだったようです。

カイロを訪れたヨーロッパ人のヴェスリンゼウスによってその存在が知られ、ヨーロッパ全土に広まっていったんですよ。

トルコでは砂糖を入れる方が一般的になり、「コーヒーは甘くなくてはならない」という格言まで出来たそうです。

それだけ甘いコーヒーが流行っていたんですね。

砂糖以外にコーヒーに甘さを足すのにおすすめの3選

甘いコーヒーを飲みたいけれども、健康が気になるから砂糖を使うのに抵抗がある人や、砂糖以外の味も試してみたい人もいますよね。

そんな方のために、コーヒーにいれるのに人気の甘味料をを3つ紹介していきます。

1. はちみつ

健康が気になる方にまずお勧めしたいのがハチミツ。

はちみつは砂糖以上に甘みが強いため、砂糖よりも少量で甘さを感じることができます。

そのため同じ尼さんになるまで蜂蜜を入れた時にカロリーを抑えることができるのですよ。

カロリーの摂りすぎが気になる人には嬉しいですね。

さらに嬉しいのがはちみつの成分がブドウ糖であること。

ブドウ糖は体内に蓄積されずすぐにエネルギーになるため、効率よく疲労回復をすることができるんですよ。

疲れてきてリフレッシュしたい時にはぴったり。

はちみつ独特の香りにも癒されますね。

さらにハチミツには腸内環境を整える効果もあるので、甘いものを取りたいけれども健康が気になる人にはおすすめです。

2. 黒糖

キレイになりたい女性の方におすすめしたいのが黒糖。

白砂糖は炭水化物以外の栄養素はほとんどないのですが、黒糖にはミネラルがたっぷり含まれています。

一番多く入っているカリウムにはむくみ解消の効果もあるので、むくみやすい人には嬉しいですね。

また黒糖に含まれるオリゴ糖には、腸内環境を整える効果や肌荒れやニキビなどの肌トラブルを改善する効果もあるんですよ。

さらに黒糖オリゴと言われる成分には、肌に潤いを与えてくれたりシミやソバカスを防ぐ効果が含まれています。

コーヒーに入れる甘味料をちょっと変えるだけで、キレイになれる栄養素を摂れるなんて嬉しいですよね。

気になる方は是非試してみてください。

3. ココナッツシュガー

キレイになれる成分の多い黒糖は気になるけれども、独特のクセが苦手という方におすすめしたいのがココナッツシュガー。

ココナッツから取れているですがココナッツ独特の香りはほとんどなく、 黒糖に比べてもクセが少ないので使いやすいですよ。

ココナッツシュガーにもミネラルやビタミンが多く入っています。

カリウムも多いのでむくみが気になる人にもオススメです。また、アミノ酸によりストレスを軽減する効果も期待できます。

疲れを取りたくて、美容にも気をつかいたい方にはイチオシですよ。

疲れたときこそ砂糖入りコーヒーを飲もう!

コーヒーに砂糖を入れることで、集中力を高める相乗効果があらわれます。

疲れたときのリフレッシュには砂糖入りの甘いコーヒーがピッタリ。

砂糖のとり過ぎが不安な人ははちみつや黒糖、ココナッツシュガーもおすすめですよ。

入れ過ぎには気をつけて、甘いコーヒーを楽しみましょう!

photo credit: wuestenigel white granulated sugar and refined sugar on a green background with the inscription via photopin (license)