ミルクコーヒーについて徹底解説!【カフェラテ・カフェオレと違うの?】

2019-04-01

カフェに行ったら見かけるミルクコーヒー。

ミルクの入っているコーヒーのメニューはたくさんありますがそれぞれの違い、知っていますか?

この記事ではミルク入りのコーヒーの違いを解説していきます。

ミルク入コーヒー

ミルク入りコーヒーのレシピの違いは?

カフェでよく目にするメニュー、ミルク入りのコーヒーが複数あってどれを注文していいのか悩む人もいるのではないでしょうか。。

  • カフェラテ
  • カフェオレ
  • カプチーノ
  • ミルクコーヒー

は特に違いがわかりにくいですよね。

どれもミルクの中にコーヒーが入ったメニューですが、実はベースとなるコーヒーの種類やミルクの量、発祥の地も違うんですよ。

まずはそれぞれの違いについて説明していきます。

カフェラテ

カフェラテは、短時間で抽出したエスプレッソをベースにしたコーヒーにミルクを加えた飲み物。

このミルクは蒸気で温めたスチームミルクを使っています。

コーヒーの旨味が凝縮されたエスプレッソのおかげでコクがあり深い味わいが特徴です。

コーヒーとミルクの比率は2:8。

ミルクはさらに2層にわかれ、蒸気であたためたスチームミルクと泡立てたミルクのフォームミルクが7:1になっています。

カフェラテのラテという言葉はイタリア語から来ているのですが、実は発祥はアメリカ。

今はイタリアやスペインを中心に飲まれています。

カフェオレ

カフェオレは、ドリップコーヒーにミルクを入れた飲み物。ホットの場合、ミルクは火にかけてあたためられています。

カフェラテに比べてあっさりとした軽い口当たりが特徴。

ミルクとドリップコーヒーの割合は1:1が一般的ですよ。

発祥はフランスで今もフランスを中心に飲まれています。

カプチーノ

カプチーノはカフェラテ同様、エスプレッソに蒸気であたためたミルクを入れたドリンクで、イタリアが発祥となっています。

違いは液体部分のスチームミルクと、泡の部分のフォームミルクの割合。

カフェラテに対してカプチーノは泡の量が多くなっています。

カフェラテはエスプレッソ、スチームミルク、フォームミルクの割合が2:7:1ですが、カプチーノは1:2:2。

エスプレッソの割合が多いので、コーヒーの香りやビターな感じをより感じやすいのが味の特徴。

ミルクをより感じたいときはカフェラテ、ビターなテイストを楽しみたいときはカプチーノと飲み分けるといいですね。

ミルクコーヒー

ミルクコーヒーはドリップコーヒーに火であたためたミルクを入れたドリンクです。

カフェオレがコーヒーとミルクの分量を決めているのに対して、ミルクコーヒーは分量が規定されておらず、どのような割合のものも「ミルクコーヒー」と呼ぶことが出来ます。

コーヒーにミルクを入れて飲み始めたのは、中国に派遣されたオランダ親善大使だそうですよ。

カフェラテやカフェオレ発祥のイタリア、フランスが起源ではないのはおもしろいですね。

ミルク入りのコーヒーで一番カロリーが低いのはカプチーノ

ブラックのコーヒーは苦手だからミルク入りのコーヒーを飲みたいけれど、カロリーが気になる方におすすめなのがカプチーノ。

ミルクの量が1番控えめなので、カロリーも一番低くなります。

ミルクがしっかり泡立ててあるので、飲んだ後の満足感もありますね。

カフェラテとカフェオレでは、カフェオレの方がカロリーが低いのでミルクの味がしっかりするドリンクを飲みたい人はカフェオレがおすすめです。

ミルクコーヒーについてはお店ごとにミルクとコーヒーの分量が異なるので、カロリー表をあらかじめチェックしておきましょう。

ミルクコーヒーが有名な上島珈琲の特徴は?

ミルクコーヒーと聞いてまず上島珈琲が思い浮かぶ人もいるかもしれません。

上島珈琲イチオシの看板メニュー「ミルク珈琲」は普通のミルク珈琲と何が違うのか、調べてみました。

上島珈琲の「ミルク珈琲」はドリップコーヒーとミルクを合わせたタイプですが、その比率が特徴的。

カフェラテと同じ比率のコーヒー2:ミルク8でつくられているんですよ。

普通のドリップコーヒーを使ってこの比率でミルクコーヒーをつくると、ミルクの味にコーヒーが負けてしまいます。

しかし、上島珈琲ではダブルネルドリップ抽出法という独自の方法でコーヒーを抽出しているため、この比率でもしっかりとコーヒーの香りや風味を感じられます。

ネルドリップはフランネルという特殊な布を用いた抽出方式。舌触りのよいコーヒーを抽出でき、深い味わいになるので人気がある方法です。

なんと上島珈琲では一度ネルドリップで抽出したコーヒーを、コーヒーを新たなコーヒーパウダーを入れたネルドリップにもう一度通しているんですよ。

これにより、コーヒーが濃厚になるだけではなく、余分な雑味や酸味を吸着させて、よりおいしいコーヒーを出しています。

ダブルネルドリップ方式だからこそ、ミルクが多くてもばっちりコーヒーの味を楽しむことが出来るんですね。

このこだわりの方式でつくられたミルクコーヒーが気になる人は、ぜひ上島珈琲で試してみてください!

上島珈琲店

photo credit: Majiscup Paper Cup Museum 紙コップ淡々記録 CAFE!N CAFE IN 硬咖啡 cold design by Filip Pagowski via photopin (license)