キャンパス内に学校運営のカフェ&レストランがあるカナダのCCELに留学してバリスタを目指す

カフェが至る所にある街、カナダ・バンクーバーには、バリスタの勉強ができる語学学校があります。

中でもCCELは、キャンパス内に学校運営のカフェ&レストランが入っており、そのカフェで実践的なドリンクを作る練習や、カフェで働く疑似体験をすることができる珍しい学校です。

今回はバリスタ留学先として人気な、CCELのホスピタリティ・サービス英語コースについて紹介します!

CCELってどんな学校?

Canadian Collage of English Language(CCEL)は、1991年にバンクーバーに設立された、Canadian Collageという専門学校付属の語学学校です。

一般英語、大学進学、ビジネス英語などコースはもちろん、マネージメントやホスピタリティーなど専門分野のコースでは、就職の際に有利になる資格取得に向けて勉強し、ディプロマも発行されます。

4階建てに屋上のついた大きなキャンパスは、バンクーバーのダウンタウン中心・アルバーニストリートに位置し、最寄のバラード駅から徒歩5分のとても立地の良い場所にあります。

また、バンクーバーの語学学校で唯一寮を持ってる学校でもあり、寮から学校までは徒歩15分で、こちらも好立地です。

学校だけでなく、ダウンタウンの中心地まで徒歩で行けるのは嬉しいですね。

生徒数は夏のオンシーズンになると生徒数は500名程になりますが、ひとクラス12~15名の少人数制で細かな指導を受けられます。

生徒の国籍に制限をもうけており、学校に通う各国の生徒数の割合が20%までになるように調整されています。

日本人留学生の多いバンクーバーでは、学校に通ってみたら生徒が日本人と韓国人ばかりだった…ということはよくあるので、国籍制限を設けて、あらゆるの国籍の友達を作ることが出来るというのは素晴らしいですね。

日本人スタッフも常駐しており、勉強のことだけでなく、何か困ったことがあれば日本語で相談することも可能です。

学費は入学金が150ドル、教材費が1週間10ドルの他、授業料が必要です。

週に何時間のレッスンを受けるかで授業料は変わってきます。

週に15時間のパートタイムレッスンは1週間260ドル、週に24時間のフルタイムレッスンは1週間350ドル、週に30時間のフルタイムインテンシブレッスンは1週間400ドルとなっています。

CCELのホスピタリティ・サービス英語コースで学べること

CCELのEnglish for Hospitality Service(EHS)コースでコーヒーやバリスタの勉強、接客英語を学ぶことができます。

学校の2階にはCCELの運営するカフェ&レストラン「eh! Restaurant」が入っており、そのカフェでオーダーを取る練習や、エスプレッソマシンを使用し、本格的なドリンクを作る練習ができます。

CCELのユニークな点は、カナダの飲食店で働く上で持っていると有利になるThe Serve it Right(SIR)という資格を取得のためのカリキュラムも組まれているということ。

カナダの飲食店でお酒を提供する職に就く場合は、SIRの資格を取得している必要があります。

SIRの資格は持っていなくてもカナダのレストランやカフェで働くことは可能ですが、バンクーバーのカフェで働きたいと考える日本人留学生はたくさんいる中で、バリスタ養成の授業を受け、SIRの資格を取得したとレジュメ(履歴書)に書くことが出来れば、採用に有利になるでしょう。

日本に帰ってバリスタとして働きたい方も、カナダで飲食に関する資格を取得したということは就活でアピールポイントになりますね!

学校併設のカフェ&レストランでインターンとして働くことも!

せっかくカナダでコービーやバリスタの勉強をしたら、カナダのカフェで働いてみたいですよね。

ワーキングホリデーのビザを持っていれば、カナダのカフェで働くことが出来ます。

街のカフェにレジュメを落として仕事を探すのはもちろん、ホスピタリティ・サービス英語コース終業後、学校内のカフェ&レストラン「eh! Restaurant」で働けるチャンスもあるのです!

接客するお客さんは見慣れた先生や生徒だけなので、ちょっと英語に自信がなくても、優しく対応してもらえるはず。

カナダのカフェで働きたいけど、忙しいお店で働くのは厳しい…と考えている方は、CCELの「eh! Restaurant」でインターンを考えるのも良いかもしれません!

学校に実習のできるカフェが併設されているCCELでバリスタを目指そう!

なかなか日本にいると勉強する時間を取れなくて、新しいことを始めたくても取り掛かれないことがありますよね。

そんな方は思い切って海外に来て、勉強するしかない場所に身を置いてしまうのもおすすめです。

数ある留学先の中でもバンクーバーのCCELは、歴史のある老舗語学学校。

バンクーバーで唯一学生寮を持っていたり、バリスタの勉強をしたい方には嬉しい、実習のできるカフェが併設されていたり、バリスタ留学をしたい方の受け入れ体制は万全です。

英語もコーヒーもCCELで勉強してみてはいかがでしょうか?

photo credit: proctoracademy GRUPO (8)B via photopin (license)